【全体を学ぶ学校 2021 ◆ 5月】

〜畑から食卓へ〜
在来種のトウモロコシでトルティーヤを作る!

畑からやってくるたくさんの作物のおかげで
私たちは毎日食事をいただき 生きています。
でも現代の生活の中では
畑と食卓のつながりが
想像しにくくなっている気がしませんか。

昨年 鷲の家の畑でインディアンコーンのたねを蒔きました。
これが育ったら 絶対に作ってみたいものがあったからです。
ハクビシンと知恵比べをしながら
無事収穫にこぎつけたトウモロコシを見た瞬間
今年のプログラムの第1回目の企画ができました。

在来種のトウモロコシで 
メキシコの先住民が作っていたやり方で
トルティーヤを作る!

畑と食卓を近づける作業から感じること 気づくことを楽しみ
さらにそこから
「時間」と再会してみたい。
空気と同じで 
あって当たり前の「時間」を意識の中に取り込んでみたい。
早い 短い と 遅い 長い
どっちがいいとか悪いとかではなく
先住民時間を体験することで
見えてくるものがある気がします。

美味しくて 楽しくて 美しい3日間になるはず。
ご一緒できるのを楽しみにしています。

◆「全体を学ぶ学校」って?◆

自分たちが今まで学んできた知識をつなぎ合わせる時間と空間です。頭だけでなく、手も、足も、心も、自分の全体を使って、すべての いのち が、すべての事がらが、お互いに関係し合い、存在していることを腑に落としていきます。

つながりを知ることで、今まで学んできたいろいろがより生きたものとして自分の中で育ち、あなたの世界を広げます。
それは自分の根を育て、いのちの基を作る作業でもあります。
楽しくワクワクしながら自分を育てる場所。
自分の生き方を見つける場所。
それが 「全体を学ぶ学校」 です。

と き

 5月1日(土)〜3日(祝/月) 2泊3日

ところ

山梨県北杜市武川町の「古民家 鷲の家」と その周辺の自然

 

*電車の場合の最寄駅はJR中央本線 日野春駅
*お車の場合の最寄インターは東京方面からは中央道 須玉インター・長野方面からは中央道 小淵沢インター

講師・主な講座内容

岡田 淳(NPO法人アースマンシップ)

アメリカ・ユタ州立大学で環境学を、コロラド・アウトワ-ドバウンド・スク-ルで野外教育を、トラッカ-スク-ルで先住民の教えを学ぶ。帰国後は環境学、森林学、サバイバル技術、アウトドアスポーツ、先住民文化、武道など幅広い分野で長く指導を続けている。
野生動物的感覚の持ち主。

◆自然を通して全体のつながりを体感する
森や水の流れを実際に見て、触れて、何が自然で何が不自然なのかを体感し、その楽しみ方や、自然に対する人間の役割をご紹介したいと思います。
また、自然と共に生きる知恵を持っている先住民のスピリットのご紹介や、五感を広げる方法、大自然と自分のエネルギーを連動させる方法などをお伝えしたいと思います。

安部 正成・安部恵津子(Taqueria ABEFUSAI)

1996年のDF(メキシコシティ)、今はなきAvenida Hotel横のTaqueria 。雑多な通りの 小さく庶民的な店に大きな影響を受け、タコスを作っています。旅を通じて影響を受けたカルチャーから、私たちなりの“no border”スタイルに。アメリカ・メキシコ・日本の3ヶ国での体験を1つに 編み込み融合したタコスです。
心をこめた全て手作りのタコスが、様々な人に繋がればと願います。

◆先住民から学んだタコス作りと私たちの体験を紹介します。
アースマンシップの畑で育った在来種のインディアンコーンを使用し、灰で煮る古代マヤの伝統的スタイルのトルティーヤを作ります。灰は古くから日本酒など日本の発酵文化に関わりもあり、その他農業、染物、陶芸、和紙、料理、藤布など様々な伝統文化に利用されてきています。メキシコでも今は、灰ではなく水酸化カルシウムを使って煮るのが主流となった為、私たちが作るのは日本でもメキシコでも稀なトルティーヤかもしれません。

 

大知早恵(ケアヌエヌエ)

エサレン研究所での学びから始まり、ハワイのロミロミ、解剖学、生体力学、整体、ダンス他、身体に関係あると見るやあらゆる分野に飛び込み研鑽を続けるボディワーカー。

◆身体を通して全体のつながりを体感する
大地に根ざす身体感覚や自然に沿った身体を知る時間を担当します。
参加するみなさんの声も集めながら、生活の中で無理のない身体の使い方や、その時に必要と思われるワークを紹介したいと思います。

岡田直子(NPO法人アースマンシップ)

生きる楽しさや、手間を惜しまず丁寧に生活する楽しさを伝えたいと思っている。手仕事、料理が大好きで、生活に関わる大切な技が代々引き継がれることを願い、そのための消費者の役割に注目している。

◆食や生活を通して全体のつながりを体感する
食事作りや掃除など、生活のための仕事が、実はいろいろな分野をつなぎ合わせる、とても大切な先生であることを一緒に体験したいと思います。今回はトルティーヤ以外にも、メキシコや北米先住民の料理方法を一緒に体験できたらと思っています。

西郷美炎子(馬頭琴奏者 / 美炎 miho)

幼少の頃よりバイオリンに親しむ。馬と自然と弦楽器が大好きな彼女は、その後馬頭琴と出会い、現在は様々なジャンルを超えた音楽の分野で活動している。

◆音楽と自然のつながりを体感する
馬頭琴の演奏を楽しんでいただきます。そしてこの楽器が奏でる音楽を通して、それぞれの中の世界がさらに広がっていくことを願っています。

※講師や講座内容は、その時に最もふさわしいことを提供するため、増える場合も、変更となる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

集 合 *電車で来られる方・車で来られる方 共に

5月1日(土)11時30分  JR中央本線 日野春駅前 

=参考=
東京方面
【特急を利用する場合】
新 宿   9:00 → 甲 府 10:35(特急あずさ9号 松本行)
韮 崎 10:58 → 日野春 11:23(中央本線 松本行)

【特急を利用しない場合】
新 宿   8:26 → 高 尾   9:09(中央線 中央特快 高尾行)
高 尾   9:24 → 甲 府 10:55(中央本線 甲府行き)
甲 府 10:58 → 日野春 11:23(中央本線 松本行)

解 散*電車で来られる方・車で来られる方 共に

5月3日(月/祝)16時30分  古民家 鷲の家

*お車でお越しの方はその場で解散となります。電車でお越しの方は日野春駅までお送りします。

=参考=
東京方面
【特急を利用する場合】
日野春 16:55 → 甲 府 17:25(中央本線 高尾行)
甲 府 17:36 → 新 宿 19:06(特急あずさ46号 新宿行)

【特急を利用しない場合】
日野春 16:55 → 高 尾 19:13(中央本線 高尾行)
高 尾 19:21 → 新 宿 20:05(中央特快 東京行)

対象と定員

高校対象年齢以上の方  15名程度

*2021年度から対象年齢の下限が引き下げられました。高校対象年齢以上であればどなたでも参加できます。
ただ一つだけルールが。「本人が参加したいと希望していること」
これを守っていただければ、対象年齢内のどなたでもwelcomeの学校です。

 

参加費

一般 ¥43,500

学生 ¥34,800

*学生割引は、Earthmanshipスタッフやサポーターの寄付による奨学基金を利用した割引です。
*参加費は授業料、期間中の生活にかかる費用、保険料を含みます。
*現地までの交通費は含まれません。
*全体を学ぶ学校にかかる経費は、参加日数に関係なく固定でかかるものが多いことと、宿泊費は無料となっていること(家主から参加者へのプレゼントです)から、早退される場合も参加費は同額となりますことを予めご了承ください。

◆知っておいていただきたいこと◆
設定されている参加費は、このプログラムを実現するために必要な経費全てをまかなえる金額ではありません。

参加費がこの金額に設定できているのは、これを準備するための労力の寄付(ボランティア・ワーク)や、施設の無償提供、支援者からのサポートなどによって実現しています。

本来 教育は国などの助成があって初めて成り立つ職種です。
それを個人、あるいは小さなNPOが実現するためには、多くのボランティア・スピリットと趣旨に賛同しサポートしてくださる方の支援が不可欠です。

この学校が多くの方の役に立つ場として在り続けるために、「全体を学ぶ学校」「NPO法人アースマンシップ 」はサポーターを求めています。
詳しくはこちらをご覧ください。

🌟サポーターのお申し込みはこちらから

申込締切

4月23日(金)
*ただし、定員になり次第、キャンセル待ちの受付に変わります。

お申し込みはこちらから

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる